ソプラノがおすすめ~!サックスセルマーが送料無料でなくてもお買い得な価格です

2種類を用意して、状況に応じて使い分けるのが今のところベストだと感じます。バンドレンのトラディショナル3半がベストマッチのようですね!馴染ませる必要無く新品状態から楽に鳴らせます。吹奏楽で使うにも!高い音のピッチも上ずらないため安心して使えます。

これっ♪

2017年04月01日 ランキング上位商品↑

セルマー ソプラノ サックスセルマー : ソプラノサックス マウスピース S90

詳しくはこちら b y 楽 天

商品写真ではロゴなどが「刻印に金文字」で刻み込まれていますが!今回の購入(2011年12月)で送られてきたのはプリントでした。セルマー本社が適当なのかもしれませんが!せめて輸入元で確認して!注意書きや訂正シールを貼るとか日本向けの対応をして欲しい。リードはバンドレン青箱3番がぴったりの感触。定番中の定番という安心感も大切ですね。些細な点ですが、2年前に購入した180より微妙に胴回りのサイズが小さくなったようで、リガチャーが少しだけ緩くなります(実用上は問題が無い程度)。カタログとこの商品ページでもオープニングの数値が異なってるし、今回購入した180のパッケージにはテーブルの長さ(たぶんフェイシングのことだと思う)27mmというバリトン並の数値になってるし、以前別なところで購入した170はカタログ通りの18mmだったり、仕様変更なのか間違いなのか意味が分からない。0.05〜0.1mmのレベルで違いが出る繊細な物なのに雑すぎると思う。YSS-82Zを購入、しばらくは付属のマウスピース4CMを使っていましたが、抜けが良すぎてコントロールがしづらいためこのS90 180を購入。ソプラノサックスに苦手意識を持つ方には強くお勧めです。また、セルマー製のハードラバーマウスピースは(国産のものには劣るけれど)原料の質が高いためか、ティースマークこそ付いてしまうものの、長年使用しても歯によって削れる心配をあまりしなくてもよいのは助かります。自分にとってはCワンスターは余計な買い物だった、かな・・・。セルマー社が規格を変えたのでしょうかね。マウスピースそのものに何も問題はないのですが!スペックの表示をなんとかして欲しい。リガチャー&キャップはヤマハのものをそのまま使用しています。そういう意味では180も手放せません。リップコントロールもしやすく!また適度に抵抗もあるためブレスコントロールも容易になり!ソプラノを吹く楽しさが倍化しました。クラシック用のマウスピースという位置づけでしょうが!サウンドは艶があってなかなかにシャープ!様々なジャンルで使えるかと思います。。ヤマハに比べてごくわずかに細身のようですが、リガチャー・キャップともに綺麗におさまり、ジャストフィットと表現しても問題はないと思います。ビブラートも丁寧にかけられるようになり!とても繊細な音楽が作れますね。ベンドアップも苦手になるので、ポップス〜ジャズ系のジャンルへは明らかに向かなくなる。<後日追記>後ほどS80のCワンスターも入手しましたが、自分にはS90のほうがパワフルで音の変化がつけやすく音量も上回り(ティップが僅かに広いためだと思う)、また明るく抜ける音に感じます。ソプラノサックスは音程がシビアで苦労しますが!180から170に替えると驚くほど改善します!思わず「反則だよコレ」と叫んでしまうほど(笑)。ただ、ピッチのコントロール幅も呼吸の遊び分もぐっと少なくなってしまうため、安心感(安定感)を得た分だけサックスを吹く楽しみは減じられてしまいますね・・・。でも柔らかな音で調和が取りやすいCワンスターの方を好む方も多くいると思います。クラシックを奏でるにはぴったりなマウスピースだと思います。180を持っており愛用していましたが!170を買い足しました。